2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月度薬膳セミナー開催決定☆

 すっかり夏の上海です。
このムシムシ湿気がたまらなくイヤですね(><)

 来月も暑さに負けずに「薬膳セミナー」で健康を目指しましょう!



・日時:2009年7月25日(土)と26日(日)の2日間
    両日13:00~15:30

・場所:「古布茶館向日葵HIMAWARI」
    上海市長寧区剣河路2000弄69号(夏都花園)×虹橋路

・参加費用:1日150元

・申し込み方法:ブログ右下のメールより受付

・開講最低人数:4名(4名様に満たない場合は開講しない場合もあります)
・用意するもの:興味・筆記用具

・使用言語:大阪弁

・内容: 1日目・薬膳の基礎1~春夏の薬膳~
     2日目・薬膳の基礎2~秋冬の薬膳~
                **両日共においしい食事付き**


 また、7月20(月)・21(火)11:00~13:30も開催します(内容・場所等は同じです)。
若干名様でしたらまだお席がありますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。


 情報が氾濫しすぎるこの世の中、正しい知識がなければ「選択する基準」が分かりません。
友人のお薦めでも、必ず自分にも良いとは言えません。

 Ayakoが大阪弁で楽しく、分かりやすく講義しますので、「薬膳って難しそう」「薬臭そう」というイメージをお持ちの方も気軽に参加して下さい!そのイメージが全壊します☆

 「へぇ、そうなんや」「奥が深いですねぇ」「美味しい」
この言葉を沢山聴く度にテンションが上がります(^^;

 必要なものは興味と筆記用具!皆様の参加を心よりお待ちしております。 
 

梅雨入りなのに

 Ayakoは現在大阪です。
梅雨入り宣言されたにも関わらず、ほとんど雨が降っていません。
湿度と気温と共に上昇してきました。

 新型インフルエンザ、先日ついにフェーズ6に引き上げられました。
引き続き手洗い・うがいの励行と、栄養・休養などに注意しましょう。

 さて、インフルエンザの猛威で意識が薄れがちですが、

           「食中毒にも注意」

しなければいけません。

 昨日のハロー株式夕刊からの引用です。

 細菌が増殖するためには、栄養・水分・温度の三要素が必要です。
すでに食品中には栄養と水分は存在していますが、気温が高くなることで菌が繁殖しやすくなり、さらには湿度が高いと本来乾燥気味の食品も空気中の水分を吸収してしまい、菌の増殖を助長します。

 時には死亡にも至る怖い食中毒。その予防に有効な「食中毒予防の三原則」をご紹介させていただきます。

1.清潔(菌をつなけない)    食中毒を引き起こす細菌を食品につけなければ、食中毒は起こりません。 手指・調理器具や衣服などを清潔に保つことが大切です。  

2.迅速または冷却(菌を増やさない)    つくり置きはやめ、食品は早めに食べる。食材を購入する場合は、生肉や魚介類は一番最後に買い、常温で放置することなく素早く冷蔵庫に入れます。庫内にモノを詰め過ぎず、庫内温度は菌が繁殖しにくい5度以下が目安。  

3.加熱(殺菌)    ほとんどの細菌は熱に弱いので、食品の中心部まで十分に加熱することが効果的です。また、使った調理器具はよく洗い乾燥させ、まな板やふきんなども煮沸したり、漂白剤につけ、よく乾燥させます。


 とても参考になりますね。
とにかく予防が重要になりますが、万が一食中毒にかかってしまった場合は必ず病院に行きましょう。 

「CHAMORE」6月号の表紙に登場です☆☆☆

 早いもので、もう6月になりました。
6月は梅雨などで雨が多いのに「水無月」と書き、水の無い月??と思ってしまいますが、実は「無=の」という意味で「水の月」ということなのです。

 その「水の月」の上海フリーペーパー「チャモア」の表紙に、Ayakoのティーが登場しています。
「キレイなぁ」なんてぼんやり見ていましたが、「Ayakoのハーブティーやん!!」と本人も驚き。
「見てキレイ」、そのこだわりが表紙を飾れるなんて感動です(^^)

 p13には、Ayako Styleのハーブティー3種類が紹介されています。
p16では、Ayakoの開く「薬膳セミナー」の様子、セミナーで紹介したレシピ2つが写真入りで登場しています。(料理もAyako作です)

 Ayakoがセミナーで話したワンポイントもしっかり書いてくれていますので、セミナーに参加出来なかった方、是非チェックして下さいね。



 また、同月号の「WHENEVER」のp19にもAyakoのティーが紹介されました。
併せてチェックして下さいね。

 上海以外にお住まいの方はスミマセン(><。
【“「CHAMORE」6月号の表紙に登場です☆☆☆”の続きを読む】

Ayako Styleのハーブティーが飲めるカフェ。

 昼間は汗ばむ陽気です。
日焼けも気になる季節です。

 さて、現在Ayako Styleはティーの販売のみで、カフェ形式になっておらず、ティーの試飲は無料でしていただけますが、「お茶したいね」というスペースがありません。

     現在Ayako Styleのティーが飲めるお店が上海市内に2件あります。


1・田子坊内にある丘永漢グループの「Q’s cafe」
  ・今はメニューが完成していないとの事ですが、注文すれば出してくれます。
  ・Special, Relax,Refreshの3種類のティーが飲めます。 

2・Ayako Styleの姉妹店、剣河路にある「ひまわり」
  ・このお店でAyakoが薬膳セミナーを開催しています。有機野菜を使用したこだわりのヘルシーランチやおいしいコーヒーも楽しめます。
  ・8種類のティーが飲めます。

 両店とも、ティーの販売はしておりません。
また、中国語の不安な方でも店長がおられる時なら日本語で大丈夫です。

 ☆注意☆
・ティーの販売は、現在上海の「Ayako Style」、烏鎮にある姉妹店の2店舗のみです。
日本、その他の国での販売や代理販売は一切行っておらず、価格も全品統一で1袋10個入りで40元です。
類似品や、この2店舗以外での販売品、転売にはくれぐれもご注意下さい。

・ティーは10個入って40元での販売です。単体での販売もありませんのでご注意下さい。

・ネット販売も行っておりません。
郵送は海外でも可能ですので、電話、メールでお気軽にお申し付け下さい。
その際の送料はお客様のご負担となります。手数料等は一切いただいておりません。


梅雨の季節にむけて

 雨の上海です。
梅雨の季節がやってくる気配を感じますね。

 ちょうど1年前の今頃、梅雨の時期に良いティーの開発に取り組んでおり、「ハーブを使う」という事にとらわれていたAyakoが、上海中医薬大学での講義のノートを紐解いていた時に突然のひらめきで完成した「デトックスティー」。

 先日、ある北京の中医関係の中国人の方がAyakoを尋ねて来られ、この「デトックスティー」は、薬膳「三豆粥」を応用したものであることを発見され、「是非我が社でも扱いたい」と言われたくらい感心していただいたようです☆

 もちろんこのティーは門外不出、Ayako Styleだけでの販売です。


             上海の夏は「湿邪」との戦いです(・ω・;)
実はこの「湿邪」というのは、中医学でいう六邪のなかで最もタチの悪いものなんです。
「湿」からイメージしやすいかも知れませんが、湿は「体内に停滞しやすい・重い・治り難い」などなど、一度体内に陣取ると我が物顔です。

 この「湿邪」は、消化器がとても嫌がるものでもあり、消化不良や下痢、むくみ、だるさ、眠気などのさまざまな症状が現れて来ます。

 梅雨になると、特にこの「湿邪」を受けやすくなってしまうのです。

 体内の余分な水分を除き、夏に向けてスッキリボディと美肌を目指す方にお薦めです!
ヨクイニンがメインのこのティーは、皮膚科のドクターお墨付きの美肌効果も☆

 美肌とダイエットを目指す贅沢なこの「デトックスティー」。是非今のうちからお試し下さい!

注意)このティーは大豆を始め、豆類を多く使用しております。アレルギーの方は十分ご注意下さい。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。