2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ayako Styleのハーブティーが飲めるカフェ。

 昼間は汗ばむ陽気です。
日焼けも気になる季節です。

 さて、現在Ayako Styleはティーの販売のみで、カフェ形式になっておらず、ティーの試飲は無料でしていただけますが、「お茶したいね」というスペースがありません。

     現在Ayako Styleのティーが飲めるお店が上海市内に2件あります。


1・田子坊内にある丘永漢グループの「Q’s cafe」
  ・今はメニューが完成していないとの事ですが、注文すれば出してくれます。
  ・Special, Relax,Refreshの3種類のティーが飲めます。 

2・Ayako Styleの姉妹店、剣河路にある「ひまわり」
  ・このお店でAyakoが薬膳セミナーを開催しています。有機野菜を使用したこだわりのヘルシーランチやおいしいコーヒーも楽しめます。
  ・8種類のティーが飲めます。

 両店とも、ティーの販売はしておりません。
また、中国語の不安な方でも店長がおられる時なら日本語で大丈夫です。

 ☆注意☆
・ティーの販売は、現在上海の「Ayako Style」、烏鎮にある姉妹店の2店舗のみです。
日本、その他の国での販売や代理販売は一切行っておらず、価格も全品統一で1袋10個入りで40元です。
類似品や、この2店舗以外での販売品、転売にはくれぐれもご注意下さい。

・ティーは10個入って40元での販売です。単体での販売もありませんのでご注意下さい。

・ネット販売も行っておりません。
郵送は海外でも可能ですので、電話、メールでお気軽にお申し付け下さい。
その際の送料はお客様のご負担となります。手数料等は一切いただいておりません。


薬膳セミナー土日コース開講☆

 こんにちは。
5月23・24日にご要望の多かった土日コースの開講が決まりました!

 前回のセミナーは参加者が10名。雑誌の取材も入り、賑やかに大成功で終えることが出来ました。毎回ステキな生徒さんに恵まれ、幸せに思います(^^)y


 内容は以下の通りです。
土日の参加者は普段お仕事されている方が多いので、ゆったり午後からの開講です。
時間が13時からですので、お間違えのないようにして下さい。


・日時:2009年5月23日(土)と24日(日)の2日間
    両日13:00~15:30
・場所:「古布茶館向日葵HIMAWARI」
    上海市長寧区剣河路2000弄69号(夏都花園)×虹橋路
・参加費用:1日150元
・申し込み方法:ブログ右下のメールより受付
・開講最低人数:4名(4名様に満たない場合は開講しない場合もあります)
・用意するもの:興味・筆記用具
・使用言語:大阪弁
・内容: 1日目・薬膳の基礎1~春夏の薬膳~
     2日目・薬膳の基礎2~秋冬の薬膳~
                **両日共においしい食事付き**


 Ayakoは病院で研修生をしている時に、「ここに来る人がいなくなればいいのに」と思ったことが薬膳セミナー復帰のきっかけでした。

 中医学では「未病を治す」という言葉があり、これは病気になる前に治療を始める、つまり究極の予防医学なのです。その昔は「食医」という飲食で健康管理をする医師が最高の医師とされ、いかに飲食を重視してきたかが分かります。

 情報が氾濫する現代社会に、あえて中医薬膳の世界を体験してみて下さい。
数千年前の学問なのに、まるで現代の為に言われているような新鮮さに「へぇ~。なるほど」と思わず口にしてしまうでしょう。


 それでは、皆様の参加を心よりお待ちしております☆

 

手洗い・うがいを励行しましょう。

 今朝の「ハロー株式」より引用です。 

インフルエンザの遺伝子は微妙に変化し続け、人類が免疫を持たない新型のインフルエンザは周期的に発生しています。それ故、新型インフルエンザが発生するかどうかではなく、いつ発生するかに重点が置かれ、警戒態勢が敷かれるとともに対策が練られてきました。

 世界保健機構(WHO)は、国際的な危険度を示す警戒レベル(フェーズ)を6段階(下記)に分けており、「フェーズ4」に引き上げたのは今回が初めてです。

 フェーズ1 ヒトへの感染リスクは低い      (パンデミック間期)   
 フェーズ2 ヒト感染のリスクはより高い      (動物間に新しい亜種ウィルスが存在するがヒト感染はない)       
 フェーズ3 ヒト―ヒト感染はないか、極めて限定される       (パンデミックアラート期・新しい亜種によるヒト感染発生)  
フェーズ4 ヒト―ヒト感染が増加していることの証拠がある       ( 上に同じ )  
フェーズ5 かなりの数のヒト―ヒト感染があることの証拠がある       ( 上に同じ )
 フェーズ6 効率よく持続したヒト―ヒト感染が確立       (パンデミック期)  

尚、各国はWHOの警戒レベルに応じて行動計画を作成しており、今回の引き上げは各国の対応を促します。日本では状況に応じて4段階に分けた行動計画(下記)が策定されており、各自治体は、独自対応も含め、下記行動計画に沿って対策を強化してゆきます。  

第1段階(海外発生期→ウィルスの侵入防止・在外邦人支援)   
 国の対応:首相と全閣僚による対策本部の設置       検疫の集約化と停留等の開始       国民(在外邦人を含む)への情報提供を強化   ワクチンの製造に着手(製造までに数カ月)等  

第2段階(国内発生期→感染防止拡大)      
 感染者の指定医療機関等への入院措置    学校の臨時休業、不要不急の集会等の自粛要請       事業者に対する不要不急の業務縮小の要請 等  

第3段階(感染拡大・まん延期・回復期→康被害最少化、社会・経済機能の維持)   
 ワクチンが製造されしだい接種開始    社会的弱者への支援   まん延には原則として全ての医療機関で重症者を受け入れ 等

 第4段階(小康期→第二派への備え)  
 対策の評価       資器財、衣料品の再配備 等  


 国内で擬似症患者(抗体検出)が1人以上発生した確認の事実をもって「第2段階」へ移行、患者の接触履歴が疫学調査で追えなくなった状態、もしくは国内で疫学的リンクのない2人以上の患者(ウィルス検出)、擬似症患者が発生した際には「第3段階」に移行します。

  尚、こうした際に広まる情報には、信憑性、根拠に関して問題のあるものもあり、特にうわさには虚偽のものが含まれることが多いため、正確な情報を収集し、冷静に対応することが重要です。

 警戒レベルを引き上げたWHOも、「必ずしも世界的な大流行が起きることを意味するものではない」とし、冷静な対応を求めています。  個人レベルでは季節性のインフルエンザと同じく、マスク着用などいわゆる「咳エチケット」を心がけ、手洗い・うがいの励行が基本となります。

豚インフルエンザについて

 本日、豚インフルエンザの警戒レベルが3から4フェーズに引き上げられ、厚生労働省も
            「新型インフルエンザ発生と認定」

 というニュースで、不安に思われている方も多いかと思います。
「新型」と呼ばれるだけに、未知の部分も多く、あらゆる情報が飛び交います。

 Ayakoが心配するのは、確実かどうか分からない情報に惑わせられないようにして欲しいということです。

 どの機関が出している情報なのか、その情報の裏に「不安をあおりモノを売る」商売が絡んでいないか。などに注意し、信頼出来る機関の情報を得るようにして下さい。


 豚インフルエンザについては「国立感染症研究所の感染症情報センター」にてその情報を発信しています。

 ホームページで確認出来ますので参考にして下さい。

http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/QAindex.html

薬膳セミナー日程決定!!

  気が付けば4月10日ですね。
Ayakoは上海10日目です。毎日忙しく過ごしていると時間の流れが本当に早く感じられます。

 さて、ついにAyakoの薬膳セミナーが復活です!!
皆様、大変お待たせいたしました!


・日時:2009年4月29日(水)と30日(木)の2日間
    両日11:00~13:30
・場所:「古布茶館向日葵HIMAWARI」
    上海市長寧区剣河路2000弄69号(夏都花園)×虹橋路
・参加費用:1日150元
・申し込み方法:ブログ右下のメールより受付
・開講最低人数:4名(4名様に満たない場合は開講しない場合もあります)
・用意するもの:興味・筆記用具
・使用言語:大阪弁
・内容: 1日目・薬膳の基礎1~春夏の薬膳~
     2日目・薬膳の基礎2~秋冬の薬膳~
                **両日共においしい食事付き**

 移動や歓迎会の多いこの忙しい時期だからこそ、「食」を見直して元気に過ごしてみませんか?
Ayakoが分かりやすくパワフルに講義します☆
居眠り率0%のAyakoの薬膳セミナー、皆様の参加を楽しみにお待ちしています!

 ほんの少しでも興味をもたれた方は、まず気軽にお問い合わせ下さい!



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。