2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性にも更年期障害

 12月になりました。2008年もあと1ヶ月ですね。
皆様も忙しい日々をお過ごしでしょうか?

 忙しいと、なかなか自分の身体の不調に構ってあげられず、身体のSOSを見逃してしまうことが大いにあります。無理を重ねないように注意しましょう。

 さて、「更年期障害」と聞くと閉経前後の女性特有のものだと思われがちですが、若い女性に見られる「若年性更年期障害」、男性にも「男性更年期障害」があり、いずれもホルモンのバランスが崩れたり不足することによって起こる、とても身近なものなんですよ。

 今日はあまり知られていない「男性更年期障害」についてお話しましょう。

 男性にも男性ホルモンの「テストステロン」が減少することで、女性と同じような症状が現れてきます。その多くは40代から60代と、働き盛りの年代で、ストレスを溜め込みやすい人に現れやすいと言われています。

 「疲れがとれない」から始まることが多く、精神的にもやる気が無くなったり、イライラしたり急に怒りっぽくなったり、慣れているはずの仕事でミスが続いたりします。
 身体症状では疲労感や手足の冷え、取れない筋肉痛や肩こり、寝つきの悪さ、EDなど、様々な症状が現れます。

 その対処法としては、ホルモンの補充や、食事療法、漢方療法などがあります。
ホルモン療法は、女性の更年期障害では非常に効果が高いのに対し、男性更年期障害にはいまいち効果が期待できません。

 現在提唱されている主な対策は、「バランスの良い食事」と「前向き思考」です。
普段の食生活を見直し、バランスの良い食事を心がけること。そしてストレスを溜め込まないように自分なりの解消法を見つけ、「このままでいいのか」などと焦らないでゆったりと気持ちを開放してみましょう。

 「面白くない」「やる気が出ない」。これは怠けではありません。ホルモンのせいなんですよ。
これは女性も同じです。周囲の理解と温かい支えも不可欠です。

 悩みも責任も多いこの年代の男性。
女性だけでなく、「おとこもつらい」のです。

 普段、何か分からないけど調子が悪い、検査では異常がないのに辛い、疲労感が常にある、肩や背中が痛い、筋肉痛がとれない、頻尿、のぼせ、冷え、不眠、汗をかきやすい・・・・・

 心当たりのある方は一度、医師に相談してみましょう。

 もちろんストレス解消、リラックスにはAyakoのハーブティーはイチオシです☆

 Ayakoは女性の更年期障害を中心に、「更年期障害における漢方治療と薬膳・薬茶について」研究中で、来月には大学で論文を発表する予定です。これからも美味しくて身体にいいお茶を開発し、皆様の健康の為にお役にたてますよう、日々研鑽してまいります。



人気ブログがずらり! こちらをクリック→ 
   
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:
http://ayakostyle.blog18.fc2.com/tb.php/98-0255cb3d

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。