2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題のバナナダイエットを検証☆

 最近、あるタレントさんがダイエットを成功させたと話題の「バナナダイエット」。
日本ではバナナが売り切れになっているとか・・・。

 いったい「バナナダイエット」とは何かと言いますと、朝食をバナナとお水のみにすることです。
早速Ayakoがこのバナナダイエットについて検証してみましょう。

 1・あるアメリカの内分泌学者の理論によると、「午前中は排泄の時間なので消化器に負担をかけないよ果物やフレッシュジュースが良い。」ということで、朝にバナナを食べるのは良いですね。

 2・バナナは栄養学的に見て、すぐにエネルギーに変わることや、食物繊維やカリウム、マグネシウム、フラクトオリゴ糖などが含まれ、便秘改善や高血圧の予防、生活習慣病の予防などの効果が期待できます。

 3・バナナには「ハッピーホルモンがある」と言われていることから、気分を良くしたり、うつの改善が期待できます。一日の始まりに元気の元ですね。

 これらの効能があるのなら、注目される価値もありますか??

         じゃあ、バナナって いいことだらけ???

 ちょっと待ってください!現代栄養学の面から見ればスーパースター扱いのバナナ。中医栄養学からも検証してみましょう。

 1・味は甘くて、性質は寒。

 2・肺と消化器に溜まった熱を冷まし、腸を潤して便秘を解消する。また、体液を生み出して咽喉の渇きを解消する働きがある。と書かれています。

 ここで気付かれた方もいらっしゃるかと思いますが、バナナは身体を冷やす食べ物であるということです。中医学では、食品にはそれぞれ性質があり、体質に合わせて食べ物を選らばなければならないと考えます。

 中医学ではバナナを食べるのにふさわしい人は、
*温熱病や咽喉が渇きやすい人。
*暑がりで便秘の人。

 逆に、冷え性で胃腸が弱く、消化不良の人は体質に合わないとされています。

 少し難しいお話になってしまいましたが、「友人がコレでダイエットに成功した」というのは誰でも同じではないということです。ただ単に食べすぎが解消されて痩せたかも知れませんし、単品のみを続けて摂るというダイエット法はAyakoはお薦めできません。

 太る原因のほとんどは摂取カロリーのオーバーによるものです。しかもバナナだけでバランス良く栄養を摂れますか?Ayakoは食前にバナナをいただくというのであれば賛成します。

 自分の体質を知り、食品の性質を知り、自分に合った食事を心がけることが大切です。
Ayakoの「薬膳セミナー」ではこのようなお話を沢山取り入れ、皆様に自分に合った食事の選び方まで提案させていただいています。

 今現在、セミナーはお休み中ですが、人数が集まれば日程を調整して開講させていただきますので、メールでお問い合わせくださいね。

 
 

ブログランキングにご協力お願いします!



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:
http://ayakostyle.blog18.fc2.com/tb.php/85-2d98ffaa

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。