2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪には葛根湯?

 ムシムシ、暑い日が続いていますね(><)
もうすぐ10月だというのに、上海はいつまで暑いのでしょう・・・。

 最近Ayakoは39度の高熱と悪寒(沢山服を着ても寒気が改善しないこと)で2日間お休みしてしまいました。

 寒気があり、熱が上がり始め、汗が出ない、首や肩がこわばる・・・といった風邪の引き始め、まさに葛根湯がぴったりの症状です。葛根湯は身体を温めてコリをほぐし、発汗する働きがあります。
このタイプの風邪(中医では風寒タイプの風邪と言います)の引き始めに、なるべく早く服用すると、じんわり汗が出て、そのまま治ってしまうこともあります。

     どんな風邪にも葛根湯、、これは間違いですよ!

 「漢方薬には副作用が無い」「長期服用しないと効果が無い」と思われている方が沢山いらっしゃいます。漢方薬も立派な薬物です。モルヒネに匹敵するくらい強い作用のあるものや、飲んで数秒で反応が現れる即効性のあるものもあります。

     漢方薬も間違った使い方をすれば副作用が現れるのです。

 高熱がある、暑がる、咽喉が渇く、汗が出る・・・といった風邪には葛根湯は逆効果。このタイプの風邪(風熱タイプの風邪)には熱を冷ます薬を使わなければなりません。

 漢方薬を使用する時は、必ず漢方薬に詳しい先生に処方してもらいましょう。

 ちなみにAyakoは薬が大キライです。なるべく薬は少量にしたいので、風寒タイプの風邪の引き始めを感じた時にすぐに「生姜湯」をつくり、ひたすら汗をかくように身体を温めました。
西洋薬も飲み、1日は寝込んだものの、翌日にはすっかり元気になりました☆

 1日のうちに身体を温めるべきか、熱を冷ますべきか、風邪の性質が変わってしまうんですよ。
ですから最初は葛根湯にふさわしい風寒タイプでも、熱が上がり、咽喉の渇きや発汗が現れた頃にはもう間に合いません。

 難しく考える必要はありませんが、風邪=葛根湯。これは100%ではありません。

 最近の漢方薬人気で、頑なに漢方薬を妄信する方もいらっしゃいますが、ドクターの指示に従い、必要に応じて西洋薬、漢方薬を正しく使用して下さいね。

 もちろん、風邪をひかないように普段から体力をつけておくことが大切ですね。
自分の身体は人は守ってくれません。忙しいとついつい身体の声を聞き逃してしまいますが、このあたりで一度、ご自身の健康を見つめ直してみませんか?

 Ayako Styleが皆様のヘルシー発信地として、お役にたてますように。
 


ブログランキングにご協力お願いします!



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:
http://ayakostyle.blog18.fc2.com/tb.php/80-e8712647

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。