2008 01123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

端午の節句

 明日は日本では端午の節句。
昔から子どもの(特に男の子)健やかな成長を願い、こいのぼりや兜をかざり、ちまきをいただいてお祝いしてきました。

 さてこの「こいのぼり」、Ayako愛読の「ハロー株式」というメルマガからの引用で紹介しますね。

 『中国の故事に『鯉が黄河の急流を登り、その水脈(登竜門)に達したとき、龍になる』という言い伝えがありますが、「こいのぼり」を立てることは、元気に成長して立派になってほしいという願いを託した親の気持ちの表れそのものと言えます。』

 日本の色んな行事や言葉が中国から来ている事が多いですね。
ところが中国では6月に子どもの日をお祝いします。長い年月をかけて変化し、日本の行事として定着したのでしょう。鯉が竜になるという発想も面白いですね。

 日本の神社にも「学問の神様」として登竜門が祭られています。語源が分かるとまた違う角度からの発見があるかも知れません。

 ごく普通の日常を少し見方を変えて新しいものにする。Ayakoもそんな発信元になれたらいいな、なんて色んなことに興味深々で毎日過ごしています。

 皆様も当たり前の中から、何か見つけてみませんか?

 
ブログランキングにご協力お願いします!  
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:
http://ayakostyle.blog18.fc2.com/tb.php/42-8e67d9ac

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。