2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨入りなのに

 Ayakoは現在大阪です。
梅雨入り宣言されたにも関わらず、ほとんど雨が降っていません。
湿度と気温と共に上昇してきました。

 新型インフルエンザ、先日ついにフェーズ6に引き上げられました。
引き続き手洗い・うがいの励行と、栄養・休養などに注意しましょう。

 さて、インフルエンザの猛威で意識が薄れがちですが、

           「食中毒にも注意」

しなければいけません。

 昨日のハロー株式夕刊からの引用です。

 細菌が増殖するためには、栄養・水分・温度の三要素が必要です。
すでに食品中には栄養と水分は存在していますが、気温が高くなることで菌が繁殖しやすくなり、さらには湿度が高いと本来乾燥気味の食品も空気中の水分を吸収してしまい、菌の増殖を助長します。

 時には死亡にも至る怖い食中毒。その予防に有効な「食中毒予防の三原則」をご紹介させていただきます。

1.清潔(菌をつなけない)    食中毒を引き起こす細菌を食品につけなければ、食中毒は起こりません。 手指・調理器具や衣服などを清潔に保つことが大切です。  

2.迅速または冷却(菌を増やさない)    つくり置きはやめ、食品は早めに食べる。食材を購入する場合は、生肉や魚介類は一番最後に買い、常温で放置することなく素早く冷蔵庫に入れます。庫内にモノを詰め過ぎず、庫内温度は菌が繁殖しにくい5度以下が目安。  

3.加熱(殺菌)    ほとんどの細菌は熱に弱いので、食品の中心部まで十分に加熱することが効果的です。また、使った調理器具はよく洗い乾燥させ、まな板やふきんなども煮沸したり、漂白剤につけ、よく乾燥させます。


 とても参考になりますね。
とにかく予防が重要になりますが、万が一食中毒にかかってしまった場合は必ず病院に行きましょう。 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:
http://ayakostyle.blog18.fc2.com/tb.php/125-e4423d92

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。