2008 031234567891011121314151617181920212223242526272829302008 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ayako Styleの店内。

 久しぶりの太陽です。外はぽかぽか陽気なのにやはり建物の中はひんやりします。
外でコートを脱ぎ、室内で着る・・・。変な感じです。
今日は上海にあるフリーペーパー「Whenever」さんが取材に来られます。5月号のwheneverのチェックをお忘れなく(^^)yネットでも見られるということなので、チェックして下さいね☆

 Ayakoも取材のために張り切っておめかししてきました(^^;今日初対面の方は、いつもAyakoがスーツできちんとメイクしているのだと思わないで下さいね(笑)

 さて本日はAyako Style店内のことについて紹介しましょう。
店内には約10名の方に座っていただける座席があり、店内でもAyakoオリジナルティー、クッキーを楽しんでいただけます。
 Ayakoが居る時に要望があれば、個人に合わせたブレンドティーもその場で作ります。もちろん気に入ったらその場でパッキング、お持ち帰りOKです。

 また店内には無線ランも用意していますので、ゆっくりハーブティーを飲んでリラックスしながらパソコンに向かっていただけます。家の中で仕事や課題が進まない時は、足を延ばして違う環境に身を置くのも効率が上がりますよ。


 現代と過去が入り混じった田子坊の中にあるこのお店。来年には地下鉄「打浦橋」が開通し、何年後かには昔の面影すらも消え去っているであろうスピードで開発が進んでいます。
お洒落なお店の上に堂々と干された洗濯物があったり、昔からの上海の生活を覗き見ることが出来ます。この微妙に面白いコラボレーション、いつまでもあるものではありません。
 開発途中のチグハグ感もまた風流。

 そのうち行こうなんてのんびりされてると、あっという間変化してしまいますよ!
見学だけでも十分な価値があるこの田子坊、Ayako Styleとあわせて一度訪れてみて下さいね。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。