2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引越しのお知らせ

 この度、管理栄養士・中医薬膳師であるAyakoが、
上海の田子坊エリア内の「Ayako Style」からグレードアップ!
世界へ向けて「ハーブ薬膳Ayako」として活動をスタートさせました!

新ブログ→http://plaza.rakuten.co.jp/herbyakuzenayako/

 今後もAyakoは基本的に上海を拠点に活躍して参りますので、
さらなる応援をよろしくお願いします!!

 「ハーブ薬膳Ayako」の誕生に伴い、このブログの続きは
上記の新ブログにアップして行きますので、是非ご覧下さい。

 引き続き、このブログの過去の記事は見る事が出来ますので、
どうぞご安心下さい。

 では、これからも皆様の美容・健康に役立つ正しい情報を
発信して参りますので、よろしくお願いいたします!

                          Ayako



追記 オーナーより

このたびパートナーのAyakoが独立し、さらに大きな舞台に羽ばたくことになりました。
私からAyako Styleの歴史を簡単に総括させていただきます。

2007年12月、臻茶林の主催する茶会に元パートナーのAyakoが参加したのが私と彼女の初めての出会いでした。
当時泰康路に新たな店を出さなければならなかった事情があり、
ハーブティーの店を開こうと思っていた矢先にAyakoが出現し、
これぞ神様のめぐり合わせと感謝しながら打ち合わせを重ねました。
そこで私が出資し、彼女が開発するということで雇用ではなくパートナーという立場で2人でお店を経営しようということになりました。
彼女はハーブティーの開発、商品管理(発足当初は彼女が一つ一つ自らの手でお茶を包んでいました。本当にご苦労様でした!)、広告宣伝を担当、
私はお店の提供、包装の開発、材料の調達、商品製造販売を担当し、
これまで二人三脚でやってまいりました。
初めの頃はAyakoの報酬もすずめの涙ほどで心が痛みましたが、
経営的配慮により独立店舗を手放し、臻茶林の拡張に伴いAyako Styleを本店に併設するなどの苦労をしながらも、
Ayako Styleのハーブティー支持者が着々と増えてきたのはAyakoのおかげであり、続けてよかったと私も自負しているところです。

当初私はAyakoにこう話していました。
この店はあなたが世界に羽ばたく第一歩。失敗してもいい、私が店を提供するからどんどんチャレンジして欲しい。そしてその経験を踏み台にして大きく羽ばたいて欲しい。そのときは私もあなたをこんな小さな店に縛り付けておく気はありません、と。

それから1年半あまり。
Ayakoは着々と実力をつけ、
私の店から世界に向かって羽ばたく日が来たようです。

今後ともこれまで同様Ayakoをよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

ハーブ薬膳 Ayako

ひまわりブログより

“ハーブ薬膳Ayako(元Ayako Style)の大倉あやこさん紹介管理栄養士・中医薬膳指導員の資格を持つ大倉さん、
上海では、薬膳セミナーやブレンドティー販売などで活躍中。
身体に入れるものは良いものでないといけない。身体に合ったものを選んで欲しい。そんな思いのもと、Ayakoが『ひまわり』にやって来ます。

今回のイベントでは、“あなたの為だけの美味しいブレンドティー”を作ります。
一人ひとりに合わせて、じっくりカウンセリングしながらブレンドティーをお作りします。


料金は、1名様150元/個別相談(約30分)料、試飲、10パックのブレンドティー込み。

当日の個別相談は、予約の方優先とさせていただきます。(予約なしでもOK!)

個別相談の予約は、11:00~16:00の間でお願いします。

個別相談予約は、herbyakuzenayako@gmail.com にメールにてお願いします。

真夏日って?

 梅雨が明け、セミの声が聞こえ始めてまいりました。

 暑い時には身体の熱を冷ます食材を取り入れ、水分補給、食中毒防止に努めましょう。

 さて、天気用語について、Ayako愛読のメルマガ「ハロー株式」に書かれていましたので、引用させていただきます。

☆夏日 ・・・・日最高気温が25度以上の日
   
☆真夏日・・・・日最高気温が30度以上の日  
  
☆猛暑日・・・・日最高気温が35度以上の日
   
☆熱帯夜・・・・夜間の最低気温が25度以上のこと  

 ちなみに、「冬日」は、日最低気温が0度未満の日となっており、「真冬日」は日最高気温が0度未満の日という違いとなっています。


 中医学では季節や気候も健康や精神に影響すると考えています。
それぞれの季節や気候に合わせた養生が必要です。

 Ayakoの薬膳セミナーは、皆様の健康の為に必要な情報が盛りだくさんです。

 20・21日(月・火)は満席ですが、25・26日(土・日)は若干お席に余裕がございます。
興味のある方は気軽にお問い合わせ下さいね☆


**今月11日を持ちまして、中国でのDETOXティーの製造・販売を中止いたしました。皆様のご愛顧、誠にありがとうございました。**

梅雨入りなのに

 Ayakoは現在大阪です。
梅雨入り宣言されたにも関わらず、ほとんど雨が降っていません。
湿度と気温と共に上昇してきました。

 新型インフルエンザ、先日ついにフェーズ6に引き上げられました。
引き続き手洗い・うがいの励行と、栄養・休養などに注意しましょう。

 さて、インフルエンザの猛威で意識が薄れがちですが、

           「食中毒にも注意」

しなければいけません。

 昨日のハロー株式夕刊からの引用です。

 細菌が増殖するためには、栄養・水分・温度の三要素が必要です。
すでに食品中には栄養と水分は存在していますが、気温が高くなることで菌が繁殖しやすくなり、さらには湿度が高いと本来乾燥気味の食品も空気中の水分を吸収してしまい、菌の増殖を助長します。

 時には死亡にも至る怖い食中毒。その予防に有効な「食中毒予防の三原則」をご紹介させていただきます。

1.清潔(菌をつなけない)    食中毒を引き起こす細菌を食品につけなければ、食中毒は起こりません。 手指・調理器具や衣服などを清潔に保つことが大切です。  

2.迅速または冷却(菌を増やさない)    つくり置きはやめ、食品は早めに食べる。食材を購入する場合は、生肉や魚介類は一番最後に買い、常温で放置することなく素早く冷蔵庫に入れます。庫内にモノを詰め過ぎず、庫内温度は菌が繁殖しにくい5度以下が目安。  

3.加熱(殺菌)    ほとんどの細菌は熱に弱いので、食品の中心部まで十分に加熱することが効果的です。また、使った調理器具はよく洗い乾燥させ、まな板やふきんなども煮沸したり、漂白剤につけ、よく乾燥させます。


 とても参考になりますね。
とにかく予防が重要になりますが、万が一食中毒にかかってしまった場合は必ず病院に行きましょう。 

「CHAMORE」6月号の表紙に登場です☆☆☆

 早いもので、もう6月になりました。
6月は梅雨などで雨が多いのに「水無月」と書き、水の無い月??と思ってしまいますが、実は「無=の」という意味で「水の月」ということなのです。

 その「水の月」の上海フリーペーパー「チャモア」の表紙に、Ayakoのティーが登場しています。
「キレイなぁ」なんてぼんやり見ていましたが、「Ayakoのハーブティーやん!!」と本人も驚き。
「見てキレイ」、そのこだわりが表紙を飾れるなんて感動です(^^)

 p13には、Ayako Styleのハーブティー3種類が紹介されています。
p16では、Ayakoの開く「薬膳セミナー」の様子、セミナーで紹介したレシピ2つが写真入りで登場しています。(料理もAyako作です)

 Ayakoがセミナーで話したワンポイントもしっかり書いてくれていますので、セミナーに参加出来なかった方、是非チェックして下さいね。



 また、同月号の「WHENEVER」のp19にもAyakoのティーが紹介されました。
併せてチェックして下さいね。

 上海以外にお住まいの方はスミマセン(><。
【“「CHAMORE」6月号の表紙に登場です☆☆☆”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。